万葉集 第7巻 1114番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1114番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1114番歌

第7巻
歌番号 1114番歌
作者 作者不詳
題詞 (詠河)
原文 吾紐乎 妹手以而 結八川 又還見 万代左右荷
訓読 我が紐を妹が手もちて結八川またかへり見む万代までに
かな わがひもを いもがてもちて ゆふやがは またかへりみむ よろづよまでに
英語(ローマ字) WAGAHIMOWO IMOGATEMOCHITE YUFUYAGAHA MATAKAHERIMIMU YORODUYOMADENI
結八川ではないが、私の着物の下紐をあの子が自ら結んでくれた。このことを思い出していついつまでも大切に心にしまっておこう。
左注
校異
用語 雑歌、序詞、地名、土地讃美
タイトルとURLをコピーしました