万葉集 第7巻 1205番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1205番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1205番歌

第7巻
歌番号1205番歌
作者作者不詳
題詞(覊旅作)
原文奥津梶 漸々志夫乎 欲見 吾為里乃 隠久惜毛
訓読沖つ楫やくやくしぶを見まく欲り我がする里の隠らく惜しも
かなおきつかぢ やくやくしぶを みまくほり わがするさとの かくらくをしも
英語(ローマ字)OKITSUKADI YAKUYAKUSHIBUWO MIMAKUHORI WAGASURUSATONO KAKURAKUWOSHIMO
奥の港(浜辺)が近づいてきて楫も鈍くなってきた。他方、私が見たいと思っていた里は木陰に隠れてしまい残念だ。
左注?(右件歌者古集中出)
校異
用語雑歌、作者:古集、羈旅
タイトルとURLをコピーしました