万葉集 第7巻 1350番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1350番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1350番歌

第7巻
歌番号1350番歌
作者作者不詳
題詞(寄草)
原文淡海之哉 八橋乃小竹乎 不造<笶>而 信有得哉 戀敷鬼<呼>
訓読近江のや八橋の小竹を矢はがずてまことありえむや恋しきものを
かなあふみのや やばせのしのを やはがずて まことありえむや こほしきものを
英語(ローマ字)AFUMINOYA YABASENOSHINOWO YAHAGAZUTE MAKOTOARIEMUYA KOHOSHIKIMONOWO
近江のあの八橋の篠竹を刈り取って矢にしないなどということがあるものか、これほど恋しくてならないのに。
左注
校異矢 笶 [元][類][古][紀] / 乎 呼 [元][紀]
用語譬喩歌、滋賀県、恋愛、地名、植物
タイトルとURLをコピーしました