万葉集 第7巻 1210番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1210番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1210番歌

第7巻
歌番号 1210番歌
作者 作者不詳
題詞 (覊旅作)
原文 吾妹子尓 吾戀行者 乏雲 並居鴨 妹与勢能山
訓読 我妹子に我が恋ひ行けば羨しくも並び居るかも妹と背の山
かな わぎもこに あがこひゆけば ともしくも ならびをるかも いもとせのやま
英語(ローマ字) WAGIMOKONI AGAKOHIYUKEBA TOMOSHIKUMO NARABIWORUKAMO IMOTOSENOYAMA
彼女のことを恋しい思いで旅路を行くと妹の山と背の山が並び立っていて羨ましいかぎり。
左注
校異
用語 雑歌、古集、羈旅、望郷、和歌山、地名、望郷、恋情、土地讃美
タイトルとURLをコピーしました