万葉集 第7巻 1133番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1133番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1133番歌

第7巻
歌番号 1133番歌
作者 作者不詳
題詞 (芳野作)
原文 皇祖神之 神宮人 冬薯蕷葛 弥常敷尓 吾反将見
訓読 すめろきの神の宮人ところづらいやとこしくに我れかへり見む
かな すめろきの かみのみやひと ところづら いやとこしくに われかへりみむ
英語(ローマ字) SUMEROKINO KAMINOMIYAHITO TOKORODURA IYATOKOSHIKUNI WAREKAHERIMIMU
皇祖神以来代々続くご子孫(天皇)にお仕えする宮人たち。ヤマイモの蔓、そう、まさにその蔓のように末永くここ吉野にやってこようぞ私は。
左注
校異
用語 雑歌、吉野、地名、土地讃美
タイトルとURLをコピーしました