万葉集 第7巻 1160番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1160番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1160番歌

第7巻
歌番号1160番歌
作者作者不詳
題詞(攝津作)
原文難波方 塩干丹立而 見渡者 淡路嶋尓 多豆渡所見
訓読難波潟潮干に立ちて見わたせば淡路の島に鶴渡る見ゆ
かななにはがた しほひにたちて みわたせば あはぢのしまに たづわたるみゆ
英語(ローマ字)NANIHAGATA SHIHOHINITACHITE MIWATASEBA AHADINOSHIMANI TADUWATARUMIYU
潮の引いた難波潟の海岸に立って見渡すと、淡路島の方向に向かって飛んでゆく鶴が見える。
左注
校異
用語雑歌、大阪、羈旅、地名、叙景、動物
タイトルとURLをコピーしました