万葉集 第7巻 1277番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1277番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1277番歌

第7巻
歌番号1277番歌
作者柿本人麻呂(柿本人麻呂歌集)
題詞(旋頭歌)
原文天在 日賣菅原 草<莫>苅嫌 弥<那>綿 香烏髪 飽田志付勿
訓読天なる日売菅原の草な刈りそね蜷の腸か黒き髪にあくたし付くも
かなあめなる ひめすがはらの くさなかりそね みなのわた かぐろきかみに あくたしつくも
英語(ローマ字)AMENARU HIMESUGAHARANO KUSANAKARISONE MINANOWATA KAGUROKIKAMINI AKUTASHITSUKUMO
天にある太陽、その日賣菅原など刈り取らないでおくれでないか。風に吹かれて降り注いできてタニシの腸のようなこの美しい黒髪にゴミになって付いてしまうではありませんか。
左注(右廿三首柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異<> 莫 [西(右書)][紀][細][温] / <> 那 [西(右書)][元][紀][細]
用語雑歌、作者:柿本人麻呂歌集、旋頭歌、恋愛、非略体
タイトルとURLをコピーしました