万葉集 第7巻 1181番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1181番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1181番歌

第7巻
歌番号 1181番歌
作者 作者不詳
題詞 (覊旅作)
原文 朝霞 不止軽引 龍田山 船出将為日者 吾将戀香聞
訓読 朝霞止まずたなびく龍田山舟出せむ日は我れ恋ひむかも
かな あさかすみ やまずたなびく たつたやま ふなでしなむひ あれこひむかも
英語(ローマ字) ASAKASUMI YAMAZUTANABIKU TATSUTAYAMA FUNADESHINAMUHI AREKOHIMUKAMO
いつも朝霞がたなびいている龍田山。いよいよここを発って舟出する日を迎えたら、恋しくなるだろうか。いやいや恋しく思わずにはいられない。
左注
校異
用語 雑歌、羈旅、龍田、奈良、地名
タイトルとURLをコピーしました