万葉集 第7巻 1180番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1180番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1180番歌

第7巻
歌番号1180番歌
作者作者不詳
題詞(覊旅作)
原文荒礒超 浪乎恐見 淡路嶋 不見哉将過<去> 幾許近乎
訓読荒磯越す波を畏み淡路島見ずか過ぎなむここだ近きを
かなありそこす なみをかしこみ あはぢしま みずかすぎなむ ここだちかきを
英語(ローマ字)ARISOKOSU NAMIWOKASHIKOMI AHADISHIMA MIZUKASUGINAMU KOKODACHIKAKIWO
荒磯を越していく波が恐ろしくて、淡路島を見ずに通過していくのだろうか。こんなに近い島なのに。
左注
校異<> 去 [元][類][古][紀]
用語雑歌、羈旅、兵庫、地名
タイトルとURLをコピーしました