万葉集 第7巻 1170番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1170番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1170番歌

第7巻
歌番号 1170番歌
作者 作者不詳
題詞 (覊旅作)
原文 佐左浪乃 連庫山尓 雲居者 雨會零智否 反来吾背
訓読 楽浪の連庫山に雲居れば雨ぞ降るちふ帰り来我が背
かな ささなみの なみくらやまに くもゐれば あめぞふるちふ かへりこわがせ
英語(ローマ字) SASANAMINO NAMIKURAYAMANI KUMOゐREBA AMEZOFURUCHIFU KAHERIKOWAGASE
ささなみの連庫山(なみくらやま)に雲がかかっていると雨が降るといいます。帰ってきてください、あなた。
左注
校異
用語 雑歌、滋賀、羈旅、地名、恋情
タイトルとURLをコピーしました