万葉集 第7巻 1315番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1315番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1315番歌

第7巻
歌番号 1315番歌
作者 作者不詳
題詞 (寄衣)
原文 橘之 嶋尓之居者 河遠 不曝縫之 吾下衣
訓読 橘の島にし居れば川遠みさらさず縫ひし我が下衣
かな たちばなの しまにしをれば かはとほみ さらさずぬひし あがしたごろも
英語(ローマ字) TACHIBANANO SHIMANISHIWOREBA KAHATOHOMI SARASAZUNUHISHI AGASHITAGOROMO
川からは遠い橘の島に住んでいるので、川にさらしもしないで縫いつけて着ています、この下衣を。
左注
校異
用語 譬喩歌、飛鳥、恋愛、後悔、地名
タイトルとURLをコピーしました