万葉集 第7巻 1406番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1406番歌はこちらにまとめました。

第7巻 1406番歌

第7巻
歌番号 1406番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 秋津野尓 朝居雲之 失去者 前裳今裳 無人所念
訓読 秋津野に朝居る雲の失せゆけば昨日も今日もなき人思ほゆ
かな あきづのに あさゐるくもの うせゆけば きのふもけふも なきひとおもほゆ
英語(ローマ字) AKIDUNONI ASAゐRUKUMONO USEYUKEBA KINOFUMOKEFUMO NAKIHITOOMOHOYU
秋津野に朝かかっていた雲が消えてゆくと、昨日も今日も亡きあの人のことが思い出される。
左注
校異
用語 挽歌、吉野、地名
タイトルとURLをコピーしました