万葉集 第7巻 1406番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1406番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1406番歌

第7巻
歌番号1406番歌
作者作者不詳
題詞
原文秋津野尓 朝居雲之 失去者 前裳今裳 無人所念
訓読秋津野に朝居る雲の失せゆけば昨日も今日もなき人思ほゆ
かなあきづのに あさゐるくもの うせゆけば きのふもけふも なきひとおもほゆ
英語(ローマ字)AKIDUNONI ASAゐRUKUMONO USEYUKEBA KINOFUMOKEFUMO NAKIHITOOMOHOYU
秋津野に朝かかっていた雲が消えてゆくと、昨日も今日も亡きあの人のことが思い出される。
左注
校異
用語挽歌、吉野、地名
タイトルとURLをコピーしました