万葉集 第7巻 1138番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1138番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1138番歌

第7巻
歌番号1138番歌
作者作者不詳
題詞(山背作)
原文氏河乎 船令渡呼跡 雖喚 不所聞有之 楫音毛不為
訓読宇治川を舟渡せをと呼ばへども聞こえざるらし楫の音もせず
かなうぢがはを ふねわたせをと よばへども きこえざるらし かぢのともせず
英語(ローマ字)UDIGAHAWO FUNEWATASEWOTO YOBAHEDOMO KIKOEZARURASHI KADINOTOMOSEZU
宇治川を舟で渡してくれないか、と大声で叫んでも、聞こえないようだ。楫(かじ)の音すらしない。
左注
校異
用語雑歌、京都、羈旅、地名
タイトルとURLをコピーしました