万葉集 第7巻 1283番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1283番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1283番歌

第7巻
歌番号1283番歌
作者柿本人麻呂(柿本人麻呂歌集)
題詞(旋頭歌)
原文橋立 倉椅川 石走者裳 壮子時 我度為 石走者裳
訓読はしたての倉橋川の石の橋はも男盛りに我が渡りてし石の橋はも
かなはしたての くらはしがはの いしのはしはも をざかりに わがわたりてし いしのはしはも
英語(ローマ字)HASHITATENO KURAHASHIGAHANO ISHINOHASHIHAMO WOZAKARINI WAGAWATARITESHI ISHINOHASHIHAMO
倉橋川の石の橋はわが青春時代に幾度も渡ったその石の橋。
左注(右廿三首柿本朝臣人麻呂之歌集出)
校異
用語雑歌、作者:柿本人麻呂歌集、旋頭歌、恋愛、追憶、非略体、奈良、地名、枕詞
タイトルとURLをコピーしました