万葉集 第7巻 1404番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1404番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1404番歌

第7巻
歌番号 1404番歌
作者 作者不詳
題詞 挽歌
原文 鏡成 吾見之君乎 阿婆乃野之 花橘之 珠尓拾都
訓読 鏡なす我が見し君を阿婆の野の花橘の玉に拾ひつ
かな かがみなす わがみしきみを あばののの はなたちばなの たまにひりひつ
英語(ローマ字) KAGAMINASU WAGAMISHIKIMIWO ABANONONO HANATACHIBANANO TAMANIHIRIHITSU
鏡のように美しく大切な人と思ってきたあなたを、阿婆の野に火葬に付し、美しい花橘の実(玉)としてお骨を拾いました。
左注
校異
用語 挽歌、奈良、地名、植物
タイトルとURLをコピーしました