万葉集 第7巻 1183番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1183番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1183番歌

第7巻
歌番号1183番歌
作者作者不詳
題詞(覊旅作)
原文好去而 亦還見六 大夫乃 手二巻持在 鞆之浦廻乎
訓読ま幸くてまたかへり見む大夫の手に巻き持てる鞆の浦廻を
かなまさきくて またかへりみむ ますらをの てにまきもてる とものうらみを
英語(ローマ字)MASAKIKUTE MATAKAHERIMIMU MASURAWONO TENIMAKIMOTERU TOMONOURAMIWO
無事戻ってきたらまた見たいものだ、偉丈夫(ますらを)が手に巻き付けるという、あの鞆の浦を。
左注
校異
用語雑歌、羈旅、広島、鞆の浦、地名
タイトルとURLをコピーしました