万葉集 第7巻 1417番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第7巻1417番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第7巻 1417番歌

第7巻
歌番号1417番歌
作者作者不詳
題詞羈旅歌
原文名兒乃海乎 朝榜来者 海中尓 鹿子曽鳴成 A怜其水手
訓読名児の海を朝漕ぎ来れば海中に鹿子ぞ鳴くなるあはれその鹿子
かななこのうみを あさこぎくれば わたなかに かこぞなくなる あはれそのかこ
英語(ローマ字)NAKONOUMIWO ASAKOGIKUREBA WATANAKANI KAKOZONAKUNARU AHARESONOKAKO
朝、名児の海を漕いでやってきたら、海のまっただ中で鹿が鳴いていた。あの愛らしい鹿が。
左注
校異歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語挽歌、大阪、地名、動物
タイトルとURLをコピーしました