万葉集 第8巻 1418番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1418番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1418番歌

第8巻
歌番号 1418番歌
作者 志貴皇子
題詞 志貴皇子懽御歌一首
原文 石激 垂見之上乃 左和良妣乃 毛要出春尓 成来鴨
訓読 石走る垂水の上のさわらびの萌え出づる春になりにけるかも
かな いはばしる たるみのうへの さわらびの もえいづるはるに なりにけるかも
英語(ローマ字) IHABASHIRU TARUMINOUHENO SAWARABINO MOEIDURUHARUNI NARINIKERUKAMO
流れ下る垂水の川岸にワラビが萌え出てきた。ああ、春がやってきた。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌 / 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌 / 激 [類] 灑
用語 春雑歌、作者:志貴皇子、喜び、植物
タイトルとURLをコピーしました