万葉集 第8巻 1572番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1572番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1572番歌

第8巻
歌番号1572番歌
作者大伴家持
題詞大伴家持白露歌一首
原文吾屋戸乃 草花上之 白露乎 不令消而玉尓 貫物尓毛我
訓読我が宿の尾花が上の白露を消たずて玉に貫くものにもが
かなわがやどの をばながうへの しらつゆを けたずてたまに ぬくものにもが
英語(ローマ字)WAGAYADONO WOBANAGAUHENO SHIRATSUYUWO KETAZUTETAMANI NUKUMONONIMOGA
我が家の庭のススキの穂に白露がいっぱい付いている。白玉(真珠)のようにそのまま緒に通して飾りにすることができればなあ。
左注
校異歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語秋雑歌、作者:大伴家持、植物
タイトルとURLをコピーしました