万葉集 第8巻 1458番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1458番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1458番歌

第8巻
歌番号 1458番歌
作者 厚見王
題詞 厚見王贈久米女郎歌一首
原文 室戸在 櫻花者 今毛香聞 松風疾 地尓落良武
訓読 やどにある桜の花は今もかも松風早み地に散るらむ
かな やどにある さくらのはなは いまもかも まつかぜはやみ つちにちるらむ
英語(ローマ字) YADONIARU SAKURANOHANAHA IMAMOKAMO MATSUKAZEHAYAMI TSUCHINICHIRURAMU
世の中はいつまでも同じじゃありませんもの。庭の桜も散る頃かもしれませんわ。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 春相聞、作者:厚見王、久米女郎、贈答、比喩、心変わり、植物
タイトルとURLをコピーしました