万葉集 第8巻 1517番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1517番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1517番歌

第8巻
歌番号1517番歌
作者長屋王
題詞長屋王歌一首
原文味酒 三輪乃祝之 山照 秋乃黄葉<乃> 散莫惜毛
訓読味酒三輪のはふりの山照らす秋の黄葉の散らまく惜しも
かなうまさけ みわのはふりの やまてらす あきのもみちの ちらまくをしも
英語(ローマ字)UMASAKE MIWANOHAFURINO YAMATERASU AKINOMOMICHINO CHIRAMAKUWOSHIMO
三輪神社の山を輝くばかりに美しく彩っている黄葉が散ってしまうのはいかにも惜しい。
左注
校異歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌 / 祝 [類](塙) 社 / <> 乃 [類][紀]
用語秋雑歌、作者:長屋王、三輪、奈良、枕詞、地名、植物
スポンサーリンク

解説

題詞に「長屋王の歌一首」とある。長屋王は天武天皇の孫。
味酒(うまさけ)は枕詞。「社(やしろ)の山」とは奈良県にある三輪山を指す。三輪山は神聖な山で、代々昔から崇拝されてきた。山そのものを神体と考えているので、三輪山にある大神神社には本殿(神体を入れる場所)がない。

タイトルとURLをコピーしました