万葉集 第8巻 1518番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1518番歌はこちらにまとめました。

第8巻 1518番歌

第8巻
歌番号 1518番歌
作者 山上憶良
題詞 山上<臣>憶良七夕歌十二首
原文 天漢 相向立而 吾戀之 君来益奈利 紐解設奈 [一云 向河]
訓読 天の川相向き立ちて我が恋ひし君来ますなり紐解き設けな [一云 川に向ひて]
かな あまのがは あひむきたちて あがこひし きみきますなり ひもときまけな [かはにむかひて]
英語(ローマ字) AMANOGAHA AHIMUKITACHITE AGAKOHISHI KIMIKIMASUNARI HIMOTOKIMAKENA [KAHANIMUKAHITE]
天の川に向き合って我が恋しいあの方は川を渡っていらっしゃる。さあ、着物の紐を解いてお待ちしよう。
左注 右養老八年七月七日應令
校異 巨 臣 [類][紀][細] / 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 秋雑歌、作者:山上憶良、七夕
タイトルとURLをコピーしました