万葉集 第8巻 1536番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1536番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1536番歌

第8巻
歌番号1536番歌
作者縁達帥
題詞縁達帥歌一首
原文暮相而 朝面羞 隠野乃 芽子者散去寸 黄葉早續也
訓読宵に逢ひて朝面なみ名張野の萩は散りにき黄葉早継げ
かなよひにあひて あしたおもなみ なばりのの はぎはちりにき もみちはやつげ
英語(ローマ字)YOHINIAHITE ASHITAOMONAMI NABARINONO HAGIHACHIRINIKI MOMICHIHAYATSUGE
宵に逢って女が朝恥じらいに顔を隠す、その名張野の萩は散ってしまった。早く黄葉の季節がやって来ないものだろうか。
左注
校異謌 [温][矢][京] 歌
用語秋雑歌、作者:縁達帥、三重県、名張、羈旅、序詞、植物
タイトルとURLをコピーしました