万葉集 第8巻 1569番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1569番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1569番歌

第8巻
歌番号1569番歌
作者大伴家持
題詞(大伴家持秋歌四首)
原文雨晴而 清照有 此月夜 又更而 雲勿田菜引
訓読雨晴れて清く照りたるこの月夜またさらにして雲なたなびき
かなあめはれて きよくてりたる このつくよ またさらにして くもなたなびき
英語(ローマ字)AMEHARETE KIYOKUTERITARU KONOTSUKUYO MATASARANISHITE KUMONATANABIKI
雨が上がって清く照り渡ったこの月夜。雲よ、どうかこのままたなびかないでおくれ。
左注右四首天平八年丙子秋九月作
校異
用語秋雑歌、作者:大伴家持、天平8年9月、年紀
タイトルとURLをコピーしました