万葉集 第8巻 1484番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1484番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1484番歌

第8巻
歌番号1484番歌
作者坂上郎女
題詞大伴坂上郎女歌一首
原文霍公鳥 痛莫鳴 獨居而 寐乃不所宿 聞者苦毛
訓読霍公鳥いたくな鳴きそひとり居て寐の寝らえぬに聞けば苦しも
かなほととぎす いたくななきそ ひとりゐて いのねらえぬに きけばくるしも
英語(ローマ字)HOTOTOGISU ITAKUNANAKISO HITORIゐTE INONERAENUNI KIKEBAKURUSHIMO
夏が来るのを待ち受けて咲いた鮮やかなはねずの花。降ってきた雨に打たれてしぼんでしまうだろうか。
左注
校異歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語夏雑歌、作者:坂上郎女、動物
タイトルとURLをコピーしました