万葉集 第8巻 1485番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1485番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1485番歌

第8巻
歌番号1485番歌
作者大伴家持
題詞大伴家持唐棣花歌一首
原文夏儲而 開有波祢受 久方乃 雨打零者 将移香
訓読夏まけて咲きたるはねずひさかたの雨うち降らば移ろひなむか
かななつまけて さきたるはねず ひさかたの あめうちふらば うつろひなむか
英語(ローマ字)NATSUMAKETE SAKITARUHANEZU HISAKATANO AMEUCHIFURABA UTSUROHINAMUKA
我が家の庭の花橘は今盛り。ところがなかなかホトトギスがやって来て鳴かない。このまま地(つち)に花を散らしてしまうのだろうか。
左注
校異歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語夏雑歌、作者:大伴家持、植物
スポンサーリンク

解説

題詞は「大伴家持の唐棣(はねず)の花の歌一首」とある。「唐棣の花」とは、庭梅(或いは庭桜)またはザクロの花のこと。形状は桜や梅に似た薄く鮮やかなやや黄みがかったピンク色をしている。唐棣色はその花の色を指す。

「夏まけて」は「夏が来るのを待ち受けて」という意味。「ひさかたの」は枕詞であり、「見渡す限りの」「遥か彼方まで広がる」という意味。ここで掛かる語は「雨」。「久方」は他にも天、空、雪、雲など、空に関わる語句に掛かる。

タイトルとURLをコピーしました