万葉集 第8巻 1445番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1445番歌はこちらにまとめました。

第8巻 1445番歌

第8巻
歌番号 1445番歌
作者 坂上郎女
題詞 大伴坂上郎女歌一首
原文 風交 雪者雖零 實尓不成 吾宅之梅乎 花尓令落莫
訓読 風交り雪は降るとも実にならぬ我家の梅を花に散らすな
かな かぜまじり ゆきはふるとも みにならぬ わぎへのうめを はなにちらすな
英語(ローマ字) KAZEMAJIRI YUKIHAFURUTOMO MININARANU WAGIHENOUMEWO HANANICHIRASUNA
風交りの雪が降ることもあろうが、まだ実になっていない我家の梅。花をつけただけで終わらないでおくれ。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 春雑歌、作者:坂上郎女、比喩、植物
タイトルとURLをコピーしました