万葉集 第8巻 1446番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1446番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1446番歌

第8巻
歌番号1446番歌
作者大伴家持
題詞大伴宿祢家持<春>雉歌一首
原文春野尓 安佐留雉乃 妻戀尓 己我當乎 人尓令知管
訓読春の野にあさる雉の妻恋ひにおのがあたりを人に知れつつ
かなはるののに あさるきぎしの つまごひに おのがあたりを ひとにしれつつ
英語(ローマ字)HARUNONONI ASARUKIGISHINO TSUMAGOHINI ONOGAATARIWO HITONISHIRETSUTSU
春の野に餌をあさる雉(きじ)が妻恋いのようなけたたましい鳴き声を発するのはまるで自分の居場所を人に知らせているようなものだ。
左注
校異養 春 [西(訂正)][紀][温][矢] / 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語春雑歌、作者:大伴家持、動物
タイトルとURLをコピーしました