万葉集 第8巻 1447番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1447番歌はこちらにまとめました。

第8巻 1447番歌

第8巻
歌番号 1447番歌
作者 坂上郎女
題詞 大伴坂上郎女歌一首
原文 尋常 聞者苦寸 喚子鳥 音奈都炊 時庭成奴
訓読 世の常に聞けば苦しき呼子鳥声なつかしき時にはなりぬ
かな よのつねに きけばくるしき よぶこどり こゑなつかしき ときにはなりぬ
英語(ローマ字) YONOTSUNENI KIKEBAKURUSHIKI YOBUKODORI KOゑNATSUKASHIKI TOKINIHANARINU
ふだんは切なく苦しく聞こえる呼子鳥。その鳴き声も春になったのでなつかしげに聞こえる。
左注 右一首天平四年三月一日佐保宅作
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 春雑歌、作者:坂上郎女、動物、季節
タイトルとURLをコピーしました