万葉集 第8巻 1457番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1457番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1457番歌

第8巻
歌番号1457番歌
作者作者不詳(娘子)
題詞娘子和歌一首
原文此花乃 一与能裏波 百種乃 言持不勝而 所折家良受也
訓読この花の一節のうちは百種の言待ちかねて折らえけらずや
かなこのはなの ひとよのうちは ももくさの ことまちかねて をらえけらずや
英語(ローマ字)KONOHANANO HITOYONOUCHIHA MOMOKUSANO KOTOMACHIKANETE WORAEKERAZUYA
あなたの家の庭の桜は今頃松風に(待ちかねて)散ってしまったでしょうね。
左注
校異歌 [西] 謌
用語春相聞、藤原広嗣、作者:娘子、和歌、贈答
タイトルとURLをコピーしました