万葉集 第8巻 1490番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1490番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1490番歌

第8巻
歌番号1490番歌
作者大伴家持
題詞大伴家持霍公鳥歌一首
原文霍公鳥 雖待不来喧 <菖>蒲草 玉尓貫日乎 未遠美香
訓読霍公鳥待てど来鳴かず菖蒲草玉に貫く日をいまだ遠みか
かなほととぎす まてどきなかず あやめぐさ たまにぬくひを いまだとほみか
英語(ローマ字)HOTOTOGISU MATEDOKINAKAZU AYAMEGUSA TAMANINUKUHIWO IMADATOHOMIKA
卯の花の花が散ってゆくのを惜しむかのようにホトトギスは降る雨の間もずっと鳴き続けている。
左注
校異歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌 / <> 菖 [代匠記初稿本]
用語夏雑歌、作者:大伴家持、動物、植物
タイトルとURLをコピーしました