万葉集 第8巻 1495番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1495番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1495番歌

第8巻
歌番号1495番歌
作者大伴家持
題詞(大伴家持霍公鳥歌二首)
原文足引乃 許乃間立八十一 霍公鳥 如此聞始而 後将戀可聞
訓読あしひきの木の間立ち潜く霍公鳥かく聞きそめて後恋ひむかも
かなあしひきの このまたちくく ほととぎす かくききそめて のちこひむかも
英語(ローマ字)ASHIHIKINO KONOMATACHIKUKU HOTOTOGISU KAKUKIKISOMETE NOCHIKOHIMUKAMO
我が家の庭のなでしこの花、いま真っ盛り。これを手折って一目見せてやれる子がいたらなあ。
左注
校異
用語夏雑歌、作者:大伴家持、動物
タイトルとURLをコピーしました