万葉集 第8巻 1565番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1565番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1565番歌

第8巻
歌番号1565番歌
作者大伴家持
題詞大伴家持和歌一首
原文吾屋戸乃 一村芽子乎 念兒尓 不令見殆 令散都類香聞
訓読我が宿の一群萩を思ふ子に見せずほとほと散らしつるかも
かなわがやどの ひとむらはぎを おもふこに みせずほとほと ちらしつるかも
英語(ローマ字)WAGAYADONO HITOMURAHAGIWO OMOFUKONI MISEZUHOTOHOTO CHIRASHITSURUKAMO
庭に群れ咲く萩の花を恋しい人に見せないまま、すんでのことに散らしてしまうところでした。
左注
校異歌 [西] 謌
用語秋雑歌、作者:大伴家持、日置長枝娘子、恋歌、恋情、比喩、植物
タイトルとURLをコピーしました