万葉集 第8巻 1497番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1497番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1497番歌

第8巻
歌番号 1497番歌
作者 高橋虫麻呂
題詞 惜不登筑波山歌一首
原文 筑波根尓 吾行利世波 霍公鳥 山妣兒令響 鳴麻志也其
訓読 筑波嶺に我が行けりせば霍公鳥山彦響め鳴かましやそれ
かな つくはねに わがゆけりせば ほととぎす やまびことよめ なかましやそれ
英語(ローマ字) TSUKUHANENI WAGAYUKERISEBA HOTOTOGISU YAMABIKOTOYOME NAKAMASHIYASORE
暇がないからとおいでにならないあの人に、ホトトギスよ、この私がこれほど恋焦がれていると、どうか伝えておくれ。
左注 右一首高橋連蟲麻呂之歌中出
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌 / 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 夏雑歌、作者:高橋虫麻呂歌集、筑波、茨城、地名、動物
タイトルとURLをコピーしました