万葉集 第8巻 1452番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1452番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1452番歌

第8巻
歌番号1452番歌
作者紀小鹿(紀女郎)
題詞紀女郎歌一首 [名曰小鹿也]
原文闇夜有者 宇倍毛不来座 梅花 開月夜尓 伊而麻左自常屋
訓読闇ならばうべも来まさじ梅の花咲ける月夜に出でまさじとや
かなやみならば うべもきまさじ うめのはな さけるつくよに いでまさじとや
英語(ローマ字)YAMINARABA UBEMOKIMASAJI UMENOHANA SAKERUTSUKUYONI IDEMASAJITOYA
なるほど闇夜ならいらっしゃらなくてもごもっともですわ。でも美しい梅の花が咲きそろう月明かりの今宵なのに、いらっしゃらないとは。
左注
校異歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語春相聞、作者:紀女郎、小鹿、恋情、怨恨、植物、贈答
タイトルとURLをコピーしました