万葉集 第8巻 1421番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1421番歌はこちらにまとめました。

第8巻 1421番歌

第8巻
歌番号 1421番歌
作者 尾張連
題詞 尾張連歌二首 [名闕]
原文 春山之 開乃乎為<里>尓 春菜採 妹之白紐 見九四与四門
訓読 春山の咲きのををりに春菜摘む妹が白紐見らくしよしも
かな はるやまの さきのををりに はるなつむ いもがしらひも みらくしよしも
英語(ローマ字) HARUYAMANO SAKINOWOWORINI HARUNATSUMU IMOGASHIRAHIMO MIRAKUSHIYOSHIMO
桜満開の春の山。菜を摘む彼女の白い紐を見るのはいいもんだ。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌 / 黒 里 [万葉考]
用語 春雑歌、作者:尾張連、野遊び、菜摘み、恋情、妻問い
タイトルとURLをコピーしました