万葉集 第8巻 1444番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1444番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1444番歌

第8巻
歌番号1444番歌
作者高田女王
題詞高田女王歌一首 [高安之女也]
原文山振之 咲有野邊乃 都保須美礼 此春之雨尓 盛奈里鶏利
訓読山吹の咲きたる野辺のつほすみれこの春の雨に盛りなりけり
かなやまぶきの さきたるのへの つほすみれ このはるのあめに さかりなりけり
英語(ローマ字)YAMABUKINO SAKITARUNOHENO TSUHOSUMIRE KONOHARUNOAMENI SAKARINARIKERI
山吹が咲いている野辺につほすみれが咲いている。春雨を浴びて今真っ盛り。
左注
校異歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語春雑歌、作者:高田女王、大原高安、高安王、植物、叙景
タイトルとURLをコピーしました