万葉集 第8巻 1589番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1589番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1589番歌

第8巻
歌番号1589番歌
作者秦許遍麻呂
題詞(橘朝臣奈良麻呂結集宴歌十一首)
原文露霜尓 逢有黄葉乎 手折来而 妹挿頭都 後者落十方
訓読露霜にあへる黄葉を手折り来て妹とかざしつ後は散るとも
かなつゆしもに あへるもみちを たをりきて いもはかざしつ のちはちるとも
英語(ローマ字)TSUYUSHIMONI AHERUMOMICHIWO TAWORIKITE IMOHAKAZASHITSU NOCHIHACHIRUTOMO
露霜に当たった黄葉を手折ってきたら彼女がかざしてくれた。後は山の黄葉が散っても悔いはない。
左注右一首秦許遍麻呂( / 以前冬十月十七日集於右大臣橘卿之舊宅宴飲也)
校異
用語秋雑歌、作者:秦許遍麻呂、橘奈良麻呂、宴席、天平10年10月17日、年紀、植物
タイトルとURLをコピーしました