万葉集 第8巻 1646番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1646番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1646番歌

第8巻
歌番号 1646番歌
作者 小治田東麻呂
題詞 小治田朝臣東麻呂雪歌一首
原文 夜干玉乃 今夜之雪尓 率所沾名 将開朝尓 消者惜家牟
訓読 ぬばたまの今夜の雪にいざ濡れな明けむ朝に消なば惜しけむ
かな ぬばたまの こよひのゆきに いざぬれな あけむあしたに けなばをしけむ
英語(ローマ字) NUBATAMANO KOYOHINOYUKINI IZANURENA AKEMUASHITANI KENABAWOSHIKEMU
今夜降っているこの雪にさあ濡れよう。一夜明けて朝になったら雪が消えてしまっていたら後悔するだろうから。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 冬雑歌、作者:小治田東麻呂、枕詞
タイトルとURLをコピーしました