万葉集 第8巻 1512番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1512番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1512番歌

第8巻
歌番号 1512番歌
作者 大津皇子
題詞 大津皇子御歌一首
原文 經毛無 緯毛不定 未通女等之 織黄葉尓 霜莫零
訓読 経もなく緯も定めず娘子らが織る黄葉に霜な降りそね
かな たてもなく ぬきもさだめず をとめらが おるもみちばに しもなふりそね
英語(ローマ字) TATEMONAKU NUKIMOSADAMEZU WOTOMERAGA ORUMOMICHIBANI SHIMONAFURISONE
彼女の家に通う道に細竹やススキが生えている。私が通うので、どうかなびいて(伏して)おくれよ。細竹(しの)の原よ。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 秋雑歌、作者:大津皇子、植物
タイトルとURLをコピーしました