万葉集 第8巻 1574番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1574番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1574番歌

第8巻
歌番号 1574番歌
作者 作者不詳
題詞 右大臣橘家宴歌七首
原文 雲上尓 鳴奈流鴈之 雖遠 君将相跡 手廻来津
訓読 雲の上に鳴くなる雁の遠けども君に逢はむとた廻り来つ
かな くものうへに なくなるかりの とほけども きみにあはむと たもとほりきつ
英語(ローマ字) KUMONOUHENI NAKUNARUKARINO TOHOKEDOMO KIMINIAHAMUTO TAMOTOHORIKITSU
雲の上で鳴いている雁のように私は遠いところに住んでいますが、あなた様にお会いしたいと思って回り道をしてやってきました。
左注 (右二首)( / 天平十年戊寅秋八月廿日)
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 秋雑歌、宴席、橘諸兄、天平10年8月20日、年紀、動物
スポンサーリンク

解説

題詞は「右大臣橘家で開かれた宴会の歌7首」という意味。右大臣は橘諸兄
「た廻り来つ」は「回り道をしてやってきました」という意味。

左注は1580番歌で終わり。

タイトルとURLをコピーしました