万葉集 第8巻 1423番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1423番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1423番歌

第8巻
歌番号 1423番歌
作者 阿倍広庭
題詞 中納言阿倍廣庭卿歌一首
原文 去年春 伊許自而殖之 吾屋外之 若樹梅者 花咲尓家里
訓読 去年の春いこじて植ゑし我がやどの若木の梅は花咲きにけり
かな こぞのはる いこじてうゑし わがやどの わかきのうめは はなさきにけり
英語(ローマ字) KOZONOHARU IKOJITEUゑSHI WAGAYADONO WAKAKINOUMEHA HANASAKINIKERI
去年(こぞ)の春に地面を掘り起こして庭に植えた若梅の花が咲いたよ。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 春雑歌、作者:阿倍広庭、植物
タイトルとURLをコピーしました