万葉集 第8巻 1419番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1419番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1419番歌

第8巻
歌番号 1419番歌
作者 鏡王女
題詞 鏡王女歌一首
原文 神奈備乃 伊波瀬乃社之 喚子鳥 痛莫鳴 吾戀益
訓読 神なびの石瀬の社の呼子鳥いたくな鳴きそ我が恋まさる
かな かむなびの いはせのもりの よぶこどり いたくななきそ あがこひまさる
英語(ローマ字) KAMUNABINO IHASENOMORINO YOBUKODORI ITAKUNANAKISO AGAKOHIMASARU
神聖な伊波瀬(いはせ)の社(もり)の呼子鳥よ。そんなに激しく鳴かないでおくれ。恋しさがつのるから。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 春雑歌、作者:鏡王女、恋情、慕情、奈良、斑鳩町、地名、動物、枕詞
タイトルとURLをコピーしました