万葉集 第8巻 1640番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1640番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1640番歌

第8巻
歌番号1640番歌
作者大伴旅人
題詞<大>宰帥大伴卿梅歌一首
原文吾岳尓 盛開有 梅花 遺有雪乎 乱鶴鴨
訓読我が岡に盛りに咲ける梅の花残れる雪をまがへつるかも
かなわがをかに さかりにさける うめのはな のこれるゆきを まがへつるかも
英語(ローマ字)WAGAWOKANI SAKARINISAKERU UMENOHANA NOKORERUYUKIWO MAGAHETSURUKAMO
我が家の岡に咲き誇る白梅が今真っ盛り、真っ白で残雪と見間違えるほどだ。
左注
校異太 大 [類][紀][細] / 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語冬雑歌、作者:大伴旅人、太宰府、福岡県、地名、植物
タイトルとURLをコピーしました