万葉集 第8巻 1474番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1474番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1474番歌

第8巻
歌番号 1474番歌
作者 坂上郎女
題詞 大伴坂上郎女思筑紫大城山歌一首
原文 今毛可聞 大城乃山尓 霍公鳥 鳴令響良武 吾無礼杼毛
訓読 今もかも大城の山に霍公鳥鳴き響むらむ我れなけれども
かな いまもかも おほきのやまに ほととぎす なきとよむらむ われなけれども
英語(ローマ字) IMAMOKAMO OHOKINOYAMANI HOTOTOGISU NAKITOYOMURAMU WARENAKEREDOMO
どうしてこうも(太宰府の頃が)非常に恋しいのかしら。ホトトギスが鳴いているのを聞くと、恋しさばかりが募ります。
左注
校異 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語 夏雑歌、作者:坂上郎女、奈良、大野城、回顧、太宰府、地名、動物
タイトルとURLをコピーしました