万葉集 第8巻 1473番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1473番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1473番歌

第8巻
歌番号1473番歌
作者大伴旅人
題詞<大>宰帥大伴卿和歌一首
原文橘之 花散里乃 霍公鳥 片戀為乍 鳴日四曽多寸
訓読橘の花散る里の霍公鳥片恋しつつ鳴く日しぞ多き
かなたちばなの はなちるさとの ほととぎす かたこひしつつ なくひしぞおほき
英語(ローマ字)TACHIBANANO HANACHIRUSATONO HOTOTOGISU KATAKOHISHITSUTSU NAKUHISHIZOOHOKI
私はもうそこにはいないけれど、いまごろ大城の山ではホトトギスがしきりに鳴いているでしょうね。
左注
校異太 大 [紀][温][矢] / 歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語夏雑歌、作者:大伴旅人、太宰府、和歌、石上堅魚、非情、恋情、植物、動物
タイトルとURLをコピーしました