万葉集 第8巻 1472番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1472番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1472番歌

第8巻
歌番号1472番歌
作者石上堅魚
題詞式部大輔石上堅魚朝臣歌一首
原文霍公鳥 来鳴令響 宇乃花能 共也来之登 問麻思物乎
訓読霍公鳥来鳴き響もす卯の花の伴にや来しと問はましものを
かなほととぎす きなきとよもす うのはなの ともにやこしと とはましものを
英語(ローマ字)HOTOTOGISU KINAKITOYOMOSU UNOHANANO TOMONIYAKOSHITO TOHAMASHIMONOWO
橘の花が散ってしまった里にはホトトギスが片恋して鳴く日が多い。
左注右神龜五年戊辰大宰帥大伴卿之妻大伴郎女遇病長逝焉 于時 勅使式部大輔石上朝臣堅魚遣<大>宰府弔喪并賜物也 其事既畢驛使及府諸卿大夫等共登記夷城而望遊之日乃作此歌
校異歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌 / 太 大 [紀][温] / 歌 [西] 謌
用語夏雑歌、作者:石上堅魚、太宰府、大伴旅人、動物、植物
タイトルとURLをコピーしました