万葉集 第8巻 1567番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1567番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1567番歌

第8巻
歌番号1567番歌
作者大伴家持
題詞(大伴家持秋歌四首)
原文雲隠 鳴奈流鴈乃 去而将居 秋田之穂立 繁之所念
訓読雲隠り鳴くなる雁の行きて居む秋田の穂立繁くし思ほゆ
かなくもがくり なくなるかりの ゆきてゐむ あきたのほたち しげくしおもほゆ
英語(ローマ字)KUMOGAKURI NAKUNARUKARINO YUKITEゐMU AKITANOHOTACHI SHIGEKUSHIOMOHOYU
雲の上で鳴いている雁が飛んでいって居着く秋の田の稲穂のことがしきりに思われる。
左注(右四首天平八年丙子秋九月作)
校異
用語秋雑歌、作者:大伴家持、天平8年9月、年紀、動物
タイトルとURLをコピーしました