万葉集 第8巻 1566番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1566番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1566番歌

第8巻
歌番号1566番歌
作者大伴家持
題詞大伴家持秋歌四首
原文久堅之 雨間毛不置 雲隠 鳴曽去奈流 早田鴈之哭
訓読久方の雨間も置かず雲隠り鳴きぞ行くなる早稲田雁がね
かなひさかたの あままもおかず くもがくり なきぞゆくなる わさだかりがね
英語(ローマ字)HISAKATANO AMAMAMOOKAZU KUMOGAKURI NAKIZOYUKUNARU WASADAKARIGANE
雨が降っている間も雲に隠れるほど高く遠く鳴きつつ飛んでいく、早稲田の雁が。
左注(右四首天平八年丙子秋九月作)
校異歌 [西] 謌
用語秋雑歌、作者:大伴家持、天平8年9月、年紀、動物、季節、叙景
タイトルとURLをコピーしました