万葉集 第8巻 1595番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第8巻1595番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第8巻 1595番歌

第8巻
歌番号1595番歌
作者大伴像見
題詞大伴宿祢像見歌一首
原文秋芽子乃 枝毛十尾二 降露乃 消者雖消 色出目八方
訓読秋萩の枝もとををに置く露の消なば消ぬとも色に出でめやも
かなあきはぎの えだもとををに おくつゆの けなばけぬとも いろにいでめやも
英語(ローマ字)AKIHAGINO EDAMOTOWOWONI OKUTSUYUNO KENABAKENUTOMO IRONIIDEMEYAMO
秋萩の枝がたわむほどぴっしり付いた露のように、はかなく消えてしまっても人に覚られるような真似は致しません。
左注
校異歌 [西] 謌 [西(訂正)] 歌
用語秋雑歌、作者:大伴像見、恋愛、植物
タイトルとURLをコピーしました